ContactForm7で簡単にお問合せフォームを作る方法〔WordPressプラグイン〕

URLをコピーする
URLをコピーしました!

WordPressでお問い合わせを作りたい。ちなみにお問い合わせフォームって必要?

こんな悩みを解決します。

結論|ContactForm7を使えば簡単にお問い合わせフォームを設置できます。

お問い合わせ作るとさまざまな恩恵が受けられます(企業からの案件メールなどの連絡が来たり、Google Adsenceに受かりやすくなったりなど)。

そこで今回は「WordPressでお問い合わせを作る方法」と「お問合わせの必要性」について開設します。

本記事を参考にすると、お問い合わせを簡単に作成できます。

本記事の内容
  • Contact Form7を使用したお問い合わせフォームの作り方
  • お問い合わせフォームの必要性

プラグインの導入がわからない方は、下記記事で解説しているのでご参照ください。

目次

Contact Form7を使用したお問い合わせフォームの作り方

まずは「Contack Form7」を導入して有効化しましょう。有効化の後のお問い合わせフォームの作り方は以下の3つの流れ。

お問い合わせフォームの作り方
  • お問い合わせ用ショートコードをコピー
  • 固定ページに貼り付けて公開
  • お問い合わせをトップページで表示させる方法

画像を使って解説しますね。

お問い合わせ用ショートコードをコピー

ダッシュボードのドックからContack Form7を選択し、「コンタクトフォーム」をクリックしてください。

プラグインを有効化したことで自動的に「コンタクトフォーム1」が作成されています。編集をクリックしてください

お問い合わせ用のショートコードが表示されるのでコピーしましょう。

固定ページに貼り付けて公開

新しく固定ページを作成したら「ショートコード」を表示して、先ほどコピーしたコードを貼り付けください。

固定ページのタイトルとパーマリンクを設定して、記事を公開するとお問い合わせフォームの完成です。

  • 固定ページのタイトルは「お問い合わせ」
  • パーマリンクは「contact-form」

初期設定のままのお問い合わせフォームが以下の通りです。

お問い合わせフォームをカスタマイズできますが、あまり人が見るページでもないので初期設定のままでOK。

お問い合わせをトップページで表示する方法

作成したお問い合わせフォームをトップページのヘッダーに表示する方法を紹介します。

僕と同じようにフッターで表示したい方はぜひ参考にしてください。

当ブログではテーマSWELLを使用しているため、他のテーマとは操作画面が違いますがやることは同じです。

まずダッシュボードから、「外観」の中にある「メニュー」を開いてください。

  • フッターにチェックを入れる
  • お問い合わせにチェックを入れ、「メニューに追加」をクリック
  • お問い合わせが右の欄に表示されます。
  • 設定を保存して完了

設置は完了したので、自分のメールアドレスからお問い合わせに連絡して届くかどうかの確認しましょう。

お問い合わせフォームの必要性

お問い合わせフォームの設置は必要です。理由は以下の通り。

お問い合わせフォームの必要性
  • サイトの信頼性に繋がる
  • ASPサイトの審査に有利
  • Google Adsenseの審査に有利
  • 企業からの案件が来る可能性がある
  • 自分のメールアドレスを非公開にできる

お問い合わせフォームがあると読者の方が、サイト運営者に直接つながる安心感が生まれます。

店長の顔が見えないラーメン屋よりも、自分の目の前でラーメンを仕上げるラーメン屋の方が信頼性が高いのと同じです、

設置するメリットが多く、デメリットはないので、Contact Form7を使いましょう。

まとめ:お問い合わせフォームは簡単に作れる

今回はお問い合わせフォームの作り方や必要性について説明しました。プラグインを使えば簡単に設置できます。

お問い合わせフォームにより受けられる恩恵が多々あるので、まだ設置できていない方は作りましょう。

See you again!!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる