【簡単に差別化】吹き出しアイコンを使えば独自性のあるブログが作れます

URLをコピーする
URLをコピーしました!

・吹き出しの作り方を知りたい。
・単調な記事にアクセントが欲しい。
・ブログに誰かと被らない自分だけの個性が欲しい

こんな悩みを解決します。

ブログにおいて単調なリズムや文字ばかりの記事は読者に負担を与えるので、離脱率が高くなります。

離脱率の高さはSEO的に良くない影響を与えます。

そこで今回は記事にアクセントを加えて、離脱率を下げるアイコン付き吹き出しのメリットや作り方を紹介します。

本記事を参考にすると、あなただけの個性をブログに付け加えられ、読者に飽きられらない独自性のある記事が作れるようになります。

結論:アイコン付きの吹き出しを使えば、記事に華やかさをもたらし、他者と被らない独自性が出ます。

本記事の内容
  • ブログの吹き出しアイコンと独自性の関係
  • ブログで吹き出しを使うメリット3点
  • アイコン付き吹き出しの作り方
  • 吹き出しに使うアイコンの入手法
  • まとめ:ブログにアイコン付き吹き出しを使うと個性が生まれる

この記事を書いている人

Twitter【@akiraroom_blog
目次

ブログの吹き出しアイコンと独自性の関係

ブログは文字で伝えるため、どうしても読者の個性が伝わりにくいです。

小説家のように文章に特徴を持たせて他者との差別化を図るのは、初心者ブロガーにはかなり難しいのが現状です。

しかし吹き出しを使うだけで、あなたにしか作れない独自性の高い記事が簡単に作れます。

理由としてはアイコンが使われていると、読者が発信者のイメージを掴みやすいからです。

また吹き出しには画像を使うので、視覚的にも見やすくなります。

視覚的にわかりやすい自分の吹き出しが記事に使われていると、認知度が上がり、何度も記事を読んでくれるリピーターの獲得にも繋がります。

ブログで吹き出しを使うメリット3点

Heart Vectors by Vecteezy

ブログで吹き出しを使うメリットは以下の3点です。

吹き出しのメリット3点
  • 読者の目に留まる
  • 読者からの共感が得やすい
  • 会話風になり、文章のテンポがよくなる

読者の目に留まる

人間の目は、周囲との差があるものに反応します。

暗い空に光り輝く夜景や白黒のポスターに一人だけカラーで描かれている人のように、周囲との差が激しいものはつい見てしまいますよね。

吹き出しも同様です。

文字の中にある吹き出しは読者の目に留まり、吹き出しの箇所を読んでもらえる確率が上がります。

つまり一番重要なポイントを吹き出しに入れると、自分の主張を伝えやすくなります。

読者からの共感が得やすい

吹き出しに使うアイコンを人間やキャラクター、動物などにすると、読者はブログの筆者に親近感を覚えます。

前述しましたが、それはアイコンを使うと筆者のイメージを掴みやすくなるからです。

またアイコンの表情を変えるだけで読者に感情を察してもらえるため、感情をやんわり伝えることができます。

表情を上手く使うと、文章が苦手な方でも簡単に自分の気持ちを表現しやすくなります。

会話風になり、文章のテンポがよくなる

アイコンの2種類用意して、使い分けると会話風のブログが作れます。

僕自身よくやる手法ですが、読者の悩みが出てきそうな箇所で「困っている人」の吹き出しを使い、悩みの答えを自分のアイコンの吹き出しで答えると一気に会話風になります。

また、吹き出しを使って悩みを代弁することで読者の興味をそそり、離脱率を下げる効果もあります。

会話風の記事の例

会話風にすると何がいいの?

会話風にすると人間らしさが伝わるから、親近感を持ってもらえるようになるんだよ

親近感を持ってもらうと、リピートされる確率も上がるよね!

吹き出しの語尾を口語体で書くと、さらに文章の広がりが生まれます。

口語体の会話はテンポがよく、文章よりも読みやすいので読者の負担を軽減できます。

口語体の会話を多用しすぎると、くどい文章になるので使い所は考えましょう。

アイコン付き吹き出しの作り方

アイコン付きの吹き出しの作り方は以下の2つです。

吹き出しの作り方
  • 吹き出し機能があるテーマを使う
  • プラグインを導入する

吹き出し機能があるテーマを使う

WordPressでブログを書いている方は、ほとんどのテーマに最初から吹き出し機能が入っています。

吹き出し機能は前提として、初心者でも使いやすいテーマを3つ紹介します。

これからブログを始める方は、以下の3つから選ぶとテーマ選びで失敗はしないですね。

吹き出し機能のあるオススメなテーマ
  • Cocoon(無料)
  • SWELL(有料)
  • JIN(有料)

SWELLの場合

ダッシュボードを開き、左側の項目の中から「ふきだし」を選択します。

新規設定を選択。

吹き出しを作る過程では、以下の手順で行ってください。

  1. 吹き出しに使うアイコンを選択
  2. 色や向きなどを指定
  3. 公開(記事執筆に使える状態にすること)

これで設定は完了です。

それでは記事の執筆に使ってみましょう。

記事の執筆画面を開き、ブロックエディタの項目からふきだしを選択。

選択すると右側に先ほど作った、吹き出しの項目が出てきます。

これでSWELLでのふきだしの使い方は終了です。

他のテーマでもやることに大差はないので、同じ手順で行けると思います。

プラグインを導入する

吹き出し機能がないテーマを導入した方は、プラグインを使いましょう。

プラグインを導入すると、どのテーマでも吹き出しが使えるようになります。

吹き出し機能のプラグイン
  • LIQUID SPEECH BALLOON(ブロックエディタの方)
  • Word Balloon(クラシックエディタの方)

テーマで既に吹き出し機能がある場合はプラグインは不要です。プラグインを入れすぎると不調の原因になるので、最小限にしましょう。

吹き出しに使うアイコンの入手法

吹き出し用アイコンの入手法は以下の3つです。

吹き出し用アイコンの入手法
  • 自分で作成する
  • フリー素材からダウンロード
  • オリジナルアイコンを依頼する

自分で作成する

一番簡単でお手軽な方法です。

絵に自信のある方やクオリティはあまり求めない方は、自分で作るとコスパ良くアイコンが作れます。

自作する方法
  • 自分で絵を描く
  • LINEのアバター機能を利用する
  • webサイトで作る(FACE YOUR MANGA)

フリー素材からダウンロード

ネット上のフリー素材からアイコンを選ぶ方法です。

ただ、フリー素材は労力を使わずにアイコンを手に入れられる反面、著作権を違反して罰を受ける可能性があります。

フリー素材を使うときは、利用規約を確認して商用利用が可能かどうかを確かめてから使いましょう。

商用利用が可能と書いてあっても心配な方は、作者に連絡をして許可を取ることをお勧めします。

ブログを継続しているとわかるのですが、フリー素材を使っている人は意外と気づくものです。

なのでフリー素材を使う期間は、ブログの方向性が決まる最初の3ヶ月程度にしましょう。

オリジナルアイコンを依頼する

プロの絵師に依頼して、オリジナルアイコンを作ってもらう方法です。

せっかくブログ用のアイコンを作るなら、こだわりのある珠玉のアイコンにしたいですよね。

ブログ用のアイコン依頼は「ココナラ」がおすすめです。

僕自身もココナラを使ってアイコンを作成してもらいました。フリー素材とオリジナルアイコンを比較すると雲泥の差がありました。

フリー素材
オリジナルアイコン

ココナラには20,000人弱の絵師がいるため、アイコンを描いて欲しい人を好き放題選ぶことができます。

他のプラットホームと比べても、ココナラは価格が安く、相場としては2,000〜3,000円です。

アイコンは自分に似せる必要もないので、自分がなりたいように変われるのもオリジナルアイコンの利点ですね。

まとめ:ブログにアイコン付き吹き出しを使うと個性が生まれる

要点を復習しましょう。

吹き出しのメリット3点
  • 読者の目に留まる
  • 読者からの共感が得やすい
  • 会話風になり、文章のテンポがよくなる
吹き出しの作り方
  • 吹き出し機能があるテーマを使う
  • プラグインを導入する

吹き出しを使って記事を書くと、あなただけの独自性が記事に生まれます。

独自性を高める方法としては、吹き出し用のアイコンを絵師に依頼するのが簡単です。

アイコンの依頼はココナラがオススメです。

ココナラでは1000円以下でアイコンを描いてくれる人もいるので、興味がある方は公式サイトより探してみてください。

See you again!!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる