【超厳選3冊】ブログ初心者に多くの本は必要ない|まずは凡事徹底を心がけよう

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ブログ初心者におすすめの本が知りたい。書籍紹介の記事では多くの本を勧められるけど、実際何冊くらい読めばいいの?

こんな悩みを解決します。

ブログ初心者が一度に多くの本を読もうすると大抵の場合、あなたのお金が無駄になってしまいます。

その理由は簡単です。ブログ本は数が多くあるため、自分のレベルに合った本を選べないから。

また始めて読むジャンルの本は予備知識がないので、内容が難しく感じ、理解するのが大変です。

そこで今回は「ブログ初心者の必読本3冊」と「理解を深める本の読み方の極意3選」を説明します。

本記事を参考にすると、ブログ運営に役立つ超厳選した本と、買った本を無駄にしない効率的な読書法を知ることができますよ。

本記事の内容
  • ブログ初心者に3冊の本しか紹介しない理由
  • ブログ初心者の必読本3冊
  • 理解を深める本の読み方3選

結論|本を読んでも成長しない。知識を実践してこそ成長。

この記事を書いている人

Twitter【@akiraroom_blog
目次

3冊だけ紹介するのは、人間の記憶力は3%だから

僕がブログ初心者に3冊しか進めない理由は、一度に多くの本を読んでも内容を覚えていないからです。

皆さんも1週間前のテレビやYoutubeの内容を覚えていないですよね。つまり人間の記憶力はその程度なんです…。

人間の記憶力に関する実験
  • 1日30分で20個の情報を見る
  • 1週間で140個の情報に触れている
  • その140個の中で覚えているのは4個
  • 1週間で3%の内容しか覚えていない

人間の記憶力は3%なので、情報を取捨選択してインプットの精度を高める必要があります。

ブログ初心者の方はブログについて始めて学ぶので、一度に大量の知らない知識が入り込むと何が正解か分からなくなります。

その結果、本の有効利用が出来なくなりお金を無駄にしてしまいます。

メンタリストのDaigoさんも「本が1,000円程度で売られている理由は、本の情報を有効利用できる人が限られているから」とYoutubeで仰っていました。

本を有効利用するためにも数を絞って、ホームラン本の知識を実践すると成長につながります。

これから紹介する3本はブログ運営に関するホームラン本ですので、安心してください。

ブログ初心者の必読本3冊

ブログ初心者の必読本は以下の3冊です。

ブログ初心者の必読本3冊
  1. 新しい文章力の教科書
  2. 沈黙のWEBライティング
  3. 本気で稼げるアフィリエイトブログ

この3冊がおすすめな理由を解説していきます。

新しい文章力の教科書

本書はいい文章を「完読される文章」と定義しており、完読される文章には決まった「型」があります。

僕は良い文章の定義を知らなかったので、小説家が書くようなおしゃれな言い回しが使われている文章がいい文章と考えていましたが、その前提から大きく覆されました。

ブログに小説家のような文章力は不要です。

」を意識して文章を書くことで、最後まで読んでもらえる文章が書けるようになります。

文章の型のイメージは、空手や柔道の型と同じです。練習することで誰でも習得できるため、文章を書きながら学んでいきましょう。

「型」を意識して文章を書く練習をした結果、研究室の先生から文章の内容が理解しやすいと言われました。

沈黙のWEBライティング

ブログで稼いでいる人なら全員が知っていると言っても過言ではないメガヒット本が「沈黙のWebライティング」。

Webライティングに特化している書籍で、ブログやサイトを作る上で必須級の一冊になっています。

内容がマンガ形式で進み、補足部分を文章で説明してくれます。

物語を先に読みたい方はネットに公開されているので気になった方はどうぞ

>>沈黙のWebライティング

600ページ越えでボリューミーな内容ですが、思わずクスッと笑ってしまうおバカネタが適度に散らされています。活字が苦手な方でも、楽しく読みきれる1冊。

「新しい文章力の教科書」と「沈黙のWebライティング」の2冊を読めば、ブログの文章に関する知識は十分ですよ。

検索エンジンを意識したコンテンツの作り方」や「読者が理解しやすい文章のコツ」などが学べるため、ブログ運営には必読ですね。

本気で稼げるアフィリエイトブログ

元OLブロガーである亀山ルカさんが、ブログを始めてからの4年間で学んだ内容が事細かに書いてあります。

ブログのカテゴリー選びから運営方法まで漏れなく書いてあり、アフィリエイトの基本を網羅している書籍です。

「継続」は稼ぐための絶対条件。さらに継続するための必須条件は「楽しむ」こと。

というメッセージが強く印象に残りました。このメッセージのおかげで収益に執着せずにブログを楽しもうと心に決めることができました。

ブログの華やかな一面だけでなく、厳しさも書いてある書籍なので信頼できる内容になっています。

「79個の本気技」が紹介されているため、1つ1つ実践しましょう。

理解を深める本の読み方の極意3選

理解を深める本の読み方の3つの極意を紹介します。どれも簡単に実践できる内容ですよ。

理解を深める本の読み方の極意3選
  1. 読書前に本から知りたいことを3つ決める
  2. 誰かに説明することを前提に本を読む
  3. 読後にメモを書いて、知識の引き出しを作る

読書前に本から知りたいことを3つ決める

人間の記憶力は3%しかないので、知りたい情報を取捨選択する必要があります。なので本から得たい知識を絞るためにも、読書前に目的を3つ決めましょう。

3つの目標の例)貯金に関する本を読むとき
  1. なぜ貯金ができないのか
  2. やってはいけないお金の使い方が知りたい
  3. お金を使わない生活は満足度が下がるのか

最初に情報を絞ると、情報の理解力が上がります。理由は「カクテルパーティ効果」により、自分の興味がある情報に目が向くからです。

カクテルバーティ効果」とは、カクテルパーティのような騒がしい場でも、自分の名前や自分の関心のある言葉を自然と聞き取れる脳の仕組み。

本においても同じです。自分に必要な情報が何か理解していれば、本を読んでいるうちに自然と情報が「興味・関心のアンテナ」に引っかかります。

本の内容を聞かれて答えられない場合は、まだ「ザル読み・ザル聞き・ザル見」になっている可能性が高いです。

3つの目的は読書中に忘れていくので、本の表紙裏に付箋で貼っておくといいですよ。

誰かに説明することを前提に本を読む

情報を誰かに説明することを前提に読むと、記憶に残りやすくなります。

その理由は誰かに説明することを前提にすると、心理的プレッシャーがかかり緊張状態に陥り、脳内物質のノルアドレナリンが分泌されるからです。

ノルアドレナリンが分泌されると4つの力が強化されます。

  • 集中力
  • 記憶力
  • 思考力
  • 判断力

アウトプットを前提にすると、知識のインプット量は100倍に増える

学び効率を最大化するインプット大全 -樺沢紫苑-

僕もTwitterでブログに関する内容は、自分が記憶に残したい役に立つ情報を発信しています。

読後にメモを書いて、知識の引き出しを作る

読書後には本で印象に残った箇所をメモして、自分だけの「知識の引き出し」を作りましょう。

前章で誰かに説明することを前提に読むと、記憶に残りやすいと言いましたが、その段階ではまだ覚えているだけです。

本で覚えた情報を自分に活かすためには、知識を使う必要があります。使う段階の前準備として、メモが役立ちますよ。

メモを作ると一度アウトプットするので記憶に残りやすく、簡単に見返せるようになります。知識の引き出しを多く作り、知識マッチョになりましょう。

読書メモのコツ
  • 読んだらすぐに書く
  • 1冊で使うのはA4サイズ1枚
  • 何度も見返す用にファイルをまとめておく

僕も記事を書くときは「記事構成の作り方」のメモを見ながら作っています。

本を読んだら知識を実践して記事を書きましょう

知識の引き出しを作ったら、あとは実践です。何事も実践こそが成長の土台。

料理本を読んでも料理が上手くなる訳がないように、記事も書かないことには上達しません。

最初は難しいと感じる技術であっても1つ1つ使って文章を書くことで、いつか無意識にできるように成長しています。

塵も積もれば山となる」。まさにブログを書く人のためにある言葉ですね。

  • 本を読み
  • 知識の引き出しを作り
  • ブログを書く

当たり前のことを当たり前にできるブロガーさんこそ最強だと僕は感じます。

凡事徹底してコツコツ積み上げていきましょう。

まとめ|ブログ初心者は3冊の本を読んだら即行動

本記事では「ブログ初心者の必読本3冊」と「理解を深める本の読み方の極意3選」を説明しました。要点を簡単に復習しましょう。

ブログ初心者の必読本3冊
  1. 文章力の教科書
  2. 沈黙のWEBライティング
  3. 本気で稼げるアフィリエイトブログ
理解を深める本の読み方の極意3選
  1. 読書前に本から知りたいことを3つ決める
  2. 誰かに説明することを前提に本を読む
  3. 読後にメモを書いて、知識の引き出しを作る

本は選び方と読み方によって、莫大な恩恵をあなたに与えてくれます。

ブログ初心者の必読本3冊を、本記事に書いてある読み方で読んでください。間違いなく成長できます。

See you again!!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる